邪魔なベビーカーの対処法

どうもハンドルネーム子供嫌いです


最近、子供達が夏休みのためどこに行っても必ず子供を見かけます

中でも特に迷惑なのがベビーカー

堂々と道を塞いだり電車で場所を占領したり2台で並走したり、挙げればキリがないくらいの迷惑行為がたくさんあります

皆さんも腹が立ったことがあると思います
そこで今回はこの迷惑なベビーカーの対処法について解説していきたいと思います


電車のドア付近にベビーカーがある時
20170813081852890.jpg
出典https://conobie.jp/

これとても邪魔ですよね
ドア付近を占領されてしまうと他の人が降りにくくなってしまいます

本来ならばこの行為が迷惑だとわかるベビーカー連れもいるのですが、迷惑なんて微塵も思ってない非常識なベビーカー連れもいます

自分が電車を降りるとき降りにくかったりした場合は、占領しているベビーカー連れに盛大な舌打ちをしてあげましょう

僕らは一般の利用者ですから迷惑行為をされて我慢をする必要なんてありません


ベビーカーに足を轢かれたとき
20170813082005696.jpg
出典http://namerakaken.com/

狭いところを我が物顔で走るベビーカー連れも迷惑ですよね

ちゃんと周りを見て走るのであれば構わないのですが、中にはぶつけても謝ることすらしない非常識なベビーカー連れも数多くいます

もし、足を轢かれたときは「痛っ!」と大きな声を出して轢いた本人に教えましょう
そして、「今、足を轢きましたよ。」と言って謝罪を求めましょう

ぶつけたり、足を轢いて1度でも自分の方を見てきたらそれは気付いている証拠です
気付いているのに逃げるのは当て逃げと同じです

もちろん非常識なベビーカー連ればかりではありません
マナーを守り、周りに気を遣っている方への気遣いは大切です


狭い道でも我が物顔で通行するベビーカー

これも見ていてとても腹立たしいですね
狭い道で周りなどお構いなしで通行するベビーカーだったり、またこちらが道を譲ってもお礼の1つも無かったりしますね

もちろんお礼を求めて譲るわけではありませんが譲ってもらったり気遣ってもらった時はお礼をするべきだと思います

そこで道を譲っても当然のように振る舞われたは場合は「一言くらい言ってもいいんじゃないですか?」と苦言を促しましょう


2台で並走のベビーカー
20170813081658631.jpg
出典http://a.excite.co.jp/

これはもう論外です
1台でも道を大きく塞ぐのに2台で歩くなんて非常識の極みです

こんな時の対処法は絶対に道を譲らないことです

2台で並んで歩いてる時点で周りを全く見ていない証拠ですし、何より周りへの配慮が無さすぎます
なのでこちらが譲る必要なんてどこにもありません

むしろ、邪魔だな~という視線を投げ掛けて通行してしまいましょう


店の入り口を塞ぐベビーカー

店の入り口付近にある商品を見るためにベビーカーを店の入り口に置いている人、これも結構いますよね

この場合も周りを全く見ていない証拠です

周りを見ている人であればきちんと脇に避けておきますが、非常識な人はそんなことお構い無し、そんな時はきちんと本人に注意しましょう

例「店の入り口にベビーカーを置いていたら邪魔ですよ。通行できないので脇に避けてくれませんか?」

大体、一言このように言えば避けると思いますが避けない場合は非常識さを指摘するのもいいかもしれません


まとめ

あくまでもベビーカーというものは必要なものではありません

なぜなら子供を抱っこして連れていればベビーカーを利用する必要がないんです
ベビーカーを利用するからには周りへの配慮が必要になります

一般の利用者の僕達が迷惑行為を我慢しなくてはならない理由などどこにもありません

この記事へのコメント